私たちの使命

Our Mission

ブランドを支える
ブランドでありたい

We stand behind the brand.

「ブランド」を支える私たちもまた、
お客様と共に歩む「ブランド」でありたい

優れた部品や製品を生み出す世界中の「ものづくりの現場」と、その現場を陰で支える「マザーマシン」のメーカーこそが私たちのお客様であり、いずれの企業も極めて高いブランド力を持っています。

熱変位抑制に対応する液温制御技術の研究・開発を中心に、国の内外で、工作機械や半導体製造装置などの「生産財」のパフォーマンス向上と、生産現場の自動化・省人化といったテーマにおいて、日々の仕事に誇りを持ちつつ、お客様の「ブランドを支える」製品を創り出し、サービスを提供することが、私たちの使命であり、また経営の基本方針です。

常に「開拓者」であれ― 開拓者精神をベースに、コンパスを未来へ向けて ―

私たちは、開拓者精神こそが現在の関東精機のベースであり、そしてこれからも、未来へ 向けた私たちの行動基準であり続けることを確信しています。
当社は、お客様から望まれる新たな製品やソリューションの開発に際して、未だかつて例がないアプローチでの取り組みや、とても無理と思えるような技術目標へのチャレンジを 重ねてきました。多くの失敗からも学び、その経験から得た知見によって、未開の領域に他に先駆けた一歩を記してきたのです。
この開拓者精神を、経営トップから社員までのそれぞれが自らの胸に刻み、意思決定と行動の指針としています。

Think “GLOCAL”
― 地域に根ざし、世界で貢献する ―

私たちは地域(ローカル)に根ざしたバリューチェーンを構築し、長期かつ安定的な雇用環境を創り、やりがいのある仕事環境を提供することを創業以来のモットーとして続けてきました。
一方で、私たちの生み出す製品は、ものづくりの現場のグローバル化に合わせて世界中で稼働するようになり、使用条件の多様化や障害発生時の復旧に対して、これまでより高いレベルで責任を果たす必要が出てきました。私たちはアジアや北米を中心にサービスパートナー企業と組み、情報収集や、迅速な障害対応を含めた「ブランドを支えるブランド」としての責務を果たす体制の構築を進めています。
私たちはローカルに軸足を置きつつも、お客様が必要とされる価値をより俯瞰的に、グローバルに見通す企業を目指しています。Global とLocal との複合視点から考える「Think“GLOCAL”」が、私たちのもう1 つの指針です。