製品情報

MOLDMATIC

MOLDMATIC

成形クオリティを支える
迅速な金型の温度制御

金型の中を循環する熱媒体(油・水)を迅速に精度高く加温・冷却し、金型の温度を高精度に応答性良くコントロールします。水用、油用でそれぞれシリーズ展開しており、射出成形、プレス成形、ブロー成形、樹脂、ゴムの金型に対応する製品を揃えています。

POINT

各種成形方式に応える製品ラインアップ

成形の高い品質を守るには、成形サイクルに応じて金型を迅速に加温/冷却できることが重要です。「モールドマチック」は、プラスチック、ゴムの射出成形・プレス成形金型の熱媒体(油・水)の温度を高精度に制御し、金型の温度を的確にコントロールします。

POINT

シリーズ分類

製品ラインアップは、熱媒体に「水」を使用する「KMA」の各シリーズと、「熱媒体油」を試用する「KMO」の各シリーズから構成されています。KMA各シリーズは、設定温度範囲(冷凍機内蔵/ヒーター内蔵)、温調系統の数、凝縮方式(空冷/水冷)などによって区分けしてシリーズ化しています。KMOシリーズは、最高供給液温が150℃のシリーズと200℃のシリーズに分かれています。

LINE UP

KMAシリーズ:熱媒体=水

  • KMA-H シリーズ

    • 水用
    • ヒーター内蔵

    冷却水源による既存の冷却回路にインラインで設置すると、有効に加温、冷却が行え、迅速な金型の温度制御が可能になります。内臓ポンプが冷却水源の圧力不足を補って、十分な循環量を維持し、特殊回路の切り替え操作により安定した温度管理が可能です。

  • KMA-R シリーズ

    • 水用
    • 冷凍機内蔵

    冷凍機を内臓した冷却専用タイプで、5℃~40℃の広い温度範囲で冷却水が得られます。冷却回路中に冷媒ガスの通る冷却コイルが配置されており、金型を循環しながら温度制御しますので、金型の温度変化に対して応答性の良い制御が可能です。

  • KMA-RH シリーズ

    • 水用
    • 冷凍機内蔵
    • ヒーター内蔵

    冷凍機とヒーターを内臓したタイプで、1台の装置で5℃、加温は90℃まで広い範囲の温度調節を行うことができます。スタート時に加温側で金型を短時間で昇温させ、その後は冷却側で温度上昇を防ぎ、すばやく適温にコントロールするというように、理想的な金型の温度制御を行うことができます。

KMAシリーズ:熱媒体=油

  • KMO シリーズ

    • 油用
    • ヒーター・クーラー内蔵(水冷・空冷)

    ヒーターとクーラー(水冷・空冷)が媒体油回路中にインラインで配置されており、定流量式ポンプによる安定した流量で金型を高精度に温度制御することができます。タンク内の油温が上昇しにくい構造を採用しておりますので、媒体油の酸化防止にも強いタイプです。