2015年(平成27年)4月1日より、フロン排出抑制法が施行されました。
関東精機からのお願いと取り組み

「フロン排出抑制法」のポイント

  1. 1.オイルマチックなど、当社製品のユーザー様には、「管理者」として以下の取り組みを求められます。

    • フロン類の漏えい防止の為、適正な設置を行うなど、適切な管理に取り組むこと。
    • 定期的な点検を行い、整備記録をつけること。
    • フロン類の漏えい時には、適切な処置を行うこと。
    • フロン類を充填又は回収する必要があるときは、第一種フロン類充填回収業者に委託を行うこと。
  2. 2.当社は、オイルマチックなど当社製品について、以下の取り組みを求められます。

    • 一定の目標年度までに、ノンフロン・温室効果の低い(低GWP)フロン類を使用した製品への転換目標の達成に取り組むこと。

当社製品のユーザー様(管理者)に求められること

1.当社製品のユーザー様における自主的な「簡易点検」実施のお願い
当社が製造する「オイルマチック」などの製品については、「フロン排出抑制法」に基づき、お客様による自主的な「簡易点検」の実施をお願い致します。
※「第一種特定製品」の内、「一定規模以上の機器」については、冷媒フロン類取扱技術者による「定期点検」が義務付けされます。「一定規模以上の機器」とは、当該機器の圧縮機に用いられる電動機の定格出力が7.5kw以上のものを指します。当社製品のうち、一部特殊機種には該当するものもございますので、ご不明な点はお問い合わせください。
2.簡易点検の方法について 3.簡易点検の頻度について
当社オイルマチックなどの製品に添付されている「取扱説明書」に基づき、点検をお願い致します。
【基本的な点検内容】の一例
  • コンデンサの汚れの有無(空冷式の場合)
  • 排風口からの熱風の有無(空冷式の場合)
  • コンデンサに供給される水質の確認(水冷式の場合)
  • 異音の有無
「年4回(四半期ごと)」以上の回数で、実施が求められます。
また、点検は記録(簡易点検を行なった年月日、異常の有無、点検者を記録)され、かつ保存(オイルマチックなどの製品を廃棄するまで)しなければなりません(電子媒体での保存も可能)。
※簡易点検の記録は、設置場所の都道府県知事からの要請に応じて速やかに開示することを条件として、提出や報告などは不要です。

(ご参考)当社オイルマチックの型式別「冷媒の種類」「圧縮機の定格出力」早見表

オイルマチック機種(シリーズ)名 冷媒の種類 圧縮機の定格出力
【インバータ機種】
Cシリーズ
Vシリーズ

(例)C300*-*、V1500*-* など
R-407C 03、300⇒0.5KW
05   ⇒0.5KW
07、750⇒0.75KW
11、1100⇒1.1KW
15、1500⇒1.5KW
22、2200⇒2.2KW
38、3800⇒3.75KW
型式名にある2~4桁の数字が
コンプレッサの定格出力を示します。
MRシリーズ
(例)MR**-07*-* など
記号の末尾を確認
「-N」有:R-407
「-N無」:R-22
【パルスガスバイパス機種】
CLシリーズ
(例)CL300*-* など
R-407C
*CL175はR-134a
175⇒0.175KW
300⇒0.3KW
500⇒0.5KW
750⇒0.75KW
1100⇒1.1KW
【ON-OFF機種】
【ソレノイドガスバイパス機種】

MLシリーズ
MPシリーズ
KTCシリーズ
KTV(M)シリーズ

(例)
ML**05*-* など
MP**07*-N など
KTC-7.5*-*、KTVM-15*-N など
記号の末尾を確認
「-N」有:R-407
「-N」無:R-22

*KTV-300は
「-N」有:R-134a
「-N」無:R-22
300⇒0.175KW
03、1000⇒0.3KW
05⇒0.5KW
06⇒0.6KW
07、7.5⇒0.75KW
11⇒1.1KW
15⇒1.5KW
22⇒2.2KW
38⇒3.75KW
フロンガスの種類と充填量の表示について

オイルマチックに封入されている冷媒の「種類」と充填量は、シールに印刷されるているか(上記例)、 金属プレートに刻印される形でオイルマチックの側面などに貼付され、明示されています。
銘板が剥がれている、汚れて見えないなどの理由でご不明の場合には、下記宛ご遠慮なくお知らせください。

2015年4月以降の出荷機への対応
(注意シールによる表示と、号機シールの改善)

オイルマチックを含む当社製品は2015年4月中の出荷分(予定)より、上記の注意シールを貼付しお客様(ユーザー様:管理者)への注意喚起を行うほか、号機シールにはこれまでの冷媒種類、封入量に加えて圧縮機の定格出力を追加して記載し、お客様にとって管理しやすい表示にします。

フロン排出抑制法に関するお問い合わせ先
ご不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。
電話でのお問い合わせ先 027-251-5585(営業1課 直通)
FAXでのお問い合わせ先 027-251-0924
メールでのお問い合わせ先

当社の環境開発の取り組みについて

ノンフロン(CO2)オイルマチックの開発

【オイルマチックCnx750】CO2冷媒を採用したオイルマチック

当社ではかねてより、「マザーマシンの精度」を支えるOILMATICの「環境負荷低減」を重要課題として位置づけ、環境マネジメントシステム「ISO14001」の運用のもとで開発に当たってきました。 2010年には、GWP(地球温暖化係数)が最小の「1」であるCo2冷媒(R-744)を搭載した世界初の「ノンフロンOILMATIC」の開発に成功しました(日本国際工作機械見本市「JIMTOF2010」にプロトタイプ出展)。
今回のフロン排出抑制法施行に伴い、工作機械などあらゆる産業機械に対しての使い勝手の向上をめざし、当社独自のsimulation技術を駆使して、ノンフロンOILMATICの実用化開発を加速しています。
さらに、当社では2012年に環境コンセプトブランド「SKYNEXUS(スカイネクサス)」を立ち上げ、Co2以外の自然冷媒を含む、あらゆる低GWP冷媒を使用したOILMATICの研究、また各種エコ・省エネ技術の開発を盛り込んだ機種の提案を続けています。

各種冷媒の特性 Co2(R744) R32 R134a R407C
環境 オゾン破壊係数 0 0 0 0
温暖化係数 1 675 1430 1770
安全 毒性・燃焼性 低毒・不燃 低毒・微燃 低毒・不燃 低毒・不燃

SKYNEXUS(スカイネクサス)

OILMATICをはじめとする当社製品は、単なる「チラー」ではありません。
「工作機械や産業機械の精度を支えるインターフェース」としての役割が、これまで以上に求められています。
「マザーマシン」の精度を担うデバイスだからこそ、の思いを「SKYNEXUS」コンセプトに込めて、
環境面からの開発を深化させています。

工作機械や産業機械の加工の内容、工場環境に適合した仕様の開発


環境コンセプトブランド「SKYNEXUS(スカイネクサス)」の考え方のもとで、工作機械から奪った熱を空気中ではなく、工場内のクーリングタワーから供給される冷却水に排熱することで、工場全体の室温を抑制し、エアコンなどの稼働を抑制して省エネに繋げる考え方のご提案(水冷式OILMATIC)など、製品単体ではなくパッケージでのソリューションにも今後、積極的に取り組んでいきます。

また搭載するコンプレッサについても、安全性を含めた市場の動向等を踏まえ、環境性能との機械パフォーマンスの両立を図った最適な仕様のご提案を、これまで通り続けていきます。